スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

街の灯ひとつ

街の灯ひとつ (幻冬舎ルチル文庫)街の灯ひとつ (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/12)
一穂 ミチ

商品詳細を見る


どうしようもなく惹かれる絵とかタイトルとかがある。
私の中で当たり外れの幅がある作家さんですが、今回私の中では当たり~

同窓会で再開した(が、記憶にない顔)同級生とまさかの一線越えをしてしまい、おまけにずっと好きでしたと告白されてしまい…

というような再会もののようなそうでないような…。
うーん感想を書くのが難しいな。
確かに読み終わった後好きな話だなぁ~ほんわかぁ~と思ったのに…。
なんだろう…女優で言うなら蒼○優ちゃんのような…(一般人より遥かに美人で可愛いが、映りによっては美人かこの人?と言われる。雰囲気美人。個人的に大好きだ)

主人公の性格がさっぱりしているので読みやすい。冷たい所もあるようだけれど、人の中身ってこんなもんじゃね?という具合に理解できるところであったので共感も持てた。
もう一人の主人公は大きく分けるとドヘタレ攻め(ちょいストーカー)なんだけれど、なんか優しい雰囲気を持っていて、挿絵との(とくに表紙。ぜひ帯無しで)相乗効果で優しいけれどちょっとさびしげな雰囲気とあってました。(でもさっぱりもしてるなーこの攻め。ストーカーだけど…)

もうちょっと生かしてほしかった設定とかもあるけれど、雰囲気が本当に好きな話でした。

追記*…ちょいストーカーって書いたけどしっかりストーカーかも(笑)
受が好きすぎて一般から見て自分の身に起こった大変なことすらどうでもいい、的な…。
初読の勢いで書いたけど、もっとじっくり読み返せば細かい感想でてきそう&ちょっと違った感想抱きそう。
好みなのはそのままなんだけど、もっとしっかり感想が出そうというか…。
うーん、難しい。

[ 2010/12/19 14:12 ] BL小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。